スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内同窓会

先に断っておこう。

これは私の夢の話。寝てみる「夢」の方です。



・・・



私は同窓会に参加していた。

高校時代の同級生。学年は登場人物が入り乱れていて覚えていない。

先生は2年生の時の担任で、当時から白髪の目立つ穏やかな男の先生だった。



私は同級生たちと談笑していた。

学年が入り乱れているが、特に親しくしていた友人はいなかった。

皆がアレコレ聞くので、正直に自分の現状を話したら。



「それって負け組じゃん!」

と誰かが言った。多分女子。

ムッとして不機嫌になった私。他の誰かが呟いた。



「お前、何しにきたんだよ」

「色々わきまえて来いよな」



「これって○○先生を囲む会じゃないの?!葉書にそう書いてあったじゃん!」

「じゃあ、あなたたちは何しにきたの?!自慢話?成功談披露会?」

私は続けざまに大きな声で言った。会場が一瞬静かになり、またどこからか談笑が始まった。






先生が私を手招きしたので、隣の席に座った。

「来てくれて、ありがとうな」



先生は笑って私にお酒を注いでくれた。

私は苦笑しながら、雰囲気を壊した自分を恥じた。



いつの間にか先生のもう片側に、当時私が好きだった男子同級生がやってきた。

この辺りが夢っぽいな。

3人で何やら世間話をしたあと、私は席を立った。



そしてまた「負け組」と言った女子に遭遇。



「やっぱりアンタ、負け組だよ」

「は?」

「情けない。こんな歳にもなって・・」

「私、まだ負け組じゃないから」

「まだって、じゃあ何なの?!」



「まだ戦ってるんだよ!戦いの途中。

あなたたちみたいに人生のゴールにたどり着いた気分になってないの」

「だからまだ負けてもないし、勝ってもいない訳。分かった?!」



・・・



夢はそこで覚めた。

後味の悪い夢だった。

でもいい夢だった。



懐かしい先生に会えて、好きだった男子とも話ができて、言いたいことを言った。

言いたいことは言ったけれども、大見得きってしまって・・

これが現実なら相当困るだろうな。



やっぱり夢で、よかった。



―おわり―



スポンサーサイト

テーマ:夢小説 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。