アリメ

「岩隈がな、・・」

「へぇー」

「それでな、アリメがな、・・」

「アニメ?」

「アリメ」

「何それ?」



郵便物を取りに行った玄関先、少年たちの話し声が聞こえてくる。



「だから、ア・リ・メ」



…ああ、楽天のピッチャーか。

しかし私も顔が思い浮かばない。アリメに当てはまる漢字も思いつかない。



「知らんよー、なぁ?」

他のふたりが相槌をうつ。孤立する野球少年。





「楽天のピッチャーやんな?」

一瞬、自分の声かと思った。

声の主は見知らぬ女性。見かけない顔だ。



野球少年は頷く。

女性はにっこり笑い、そこに立っている。



「そんなん、知らんわ」

「野球よりサッカーがええし」

サッカー少年が断言する。

「おばちゃん、誰?」

サッカー少年の逆襲。女性はサッカー少年の顔をじっと見る。



「あんな。知らない女の人におばちゃんって言う男は、モテへんで」

「別にモテんでええし」

サッカー少年の負け惜しみ。



「サッカーも知ってて、アリメも知ってる男の子の方がかっこいいのに。なぁ?」



野球少年の方に向き直り、女性は微笑む。

戸惑いながらも嬉しそうな野球少年。

4人の少年を残し、女性は立ち去った。



「なんや、あれ?」

「知ってる人?」

首を横に振る野球少年。そうだよね。私も知らないもの。



「アリメって、名前?」

「そう。楽天のピッチャーでな、・・」



私はダイレクトメールを手に、部屋に戻る。

ネットで検索。

「アリメ」は「有銘」。沖縄出身の楽天のピッチャー。



野球の話もサッカーの話もできる女性に、私もなろう。



そう言えば、空が曇っていた。洗濯物を引き上げなくちゃ。

ベランダに出て、空を見上げ、ふと見下ろす。

少年たちの姿はない。

湿った風に煽られ、めくれたシーツをかき寄せる。

知らない筈の有銘の顔が、瞼の裏で笑った。



終わり。


スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

少年におばちゃんって言われました。
ってオチかと思いました。ごめんなs)ry

ってか、アリメって知らんわ。
楽天とかマー君と岩隈しか知らん。

両方とも知ってるようで知らん。
ってか。そんなんでモテるんやったら苦労しやんわ!!
人生はそんなに甘くない!!!
って、その少年達に教えてあげて下さいwwwww

>。。。さん♪

少年におばさんと呼ばれる事態は もはや諦めております><。
(まあ 軽くシカトしますがね)

そうなんですよ
楽天のピッチャーといえば まーくんか岩隈しか私も知らなかったんです
「岩隈」が出てくるから 私の中でこの話が成り立つのですv
(その辺りは事実です)

私「も」阪神キ○ガイなので パリーグの選手は特に分かりません★

>そんなんでモテるんやったら苦労しやんわ!!
いや 趣味は多い方が出会いも多いっすよ^^
私が言っても まったく説得力ないわーw
お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード