スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Merry Christmas for us!

紳士同盟アリス ←で企画された

「Holy Night X’mas」 に参加させて頂きます♪



・・・



【Christmas5のお題】

 
1、雪が降ったら

2、聖なる鐘の音

3、サンタクロースの贈り物

4、蝋燭の明かりと君の声

5、聖なる夜に愛を込めて


*小説、詩、文章、イラスト、写真OK お題複数可。文字数制限なし

ということです



・・・



私は今回も ショートストーリーを書きました

今回は 完全な創作ではなく エッセイ風になりました

どこまでが本当のお話か それはご想像にお任せします~☆ 



それでは 後半へどうぞ!!





【クリスマス、雪が降ったら】



1.クリスマス 思い出すのは 彼の不機嫌な横顔



付き合いはじめて何年目のクリスマスだっただろう

当時 少し離れたところに住んでいた二人

遠距離恋愛という程の距離でもなければ 気軽に落ち合うことができる距離でもない



二人で迎える何年目かのクリスマスは

彼も私も仕事

イブか当日に ちょっと会えたらいいなと思っていた



23日 彼からメール

「今から そっち行くから」

夜遅く 車をとばして来てくれた

私はちょっと 浮かれモード

一日早いけど クリスマスじゃなくても会いたいもの。

でもそうすると クリスマスには会えないんだなぁ…



彼の車に乗り込んで 近場をデタラメにドライブ

当時 定番のデートのパターン

プレゼントをくれた

私も 渡した

渡したものも 貰ったものも もう思い出せない



・・・



彼が この恋に行き詰っていたのは 薄々感じてた

長すぎたなんとか

彼は私より7つ年上で 結婚について深く考えていたようだ

私は…

彼のことは好き いつかは彼と結婚するだろう そんな感じ



会いたかった 会えて嬉しい

気持ちだけの私 行動が伴わない私

なかなか会えないと愚痴を言う癖に ここへ帰ってきてしまった私



道路は渋滞している

ラジオが 明日も明後日も大雪だと告げている



「あー 今日来ておいてよかった」

そうだよね 大雪だったら車じゃ大変だし 電車も止まっちゃう

「来てなかったら オマエはまた拗ねるからなあ」



彼の顔を見る

助手席から見る彼の横顔は 退屈とか諦めとか面倒くさいとか

そういう感情に満ちていた

本当に 手に取るようにその思いが伝わってきて



私は 泣きたくなった

でも 泣かなかった

私だって疲れてる 私だって頑張ってる

そんなこんなは お互いさま だけど…



私は 慣れてしまっていたのだろう

彼との時間に 

平凡で退屈な 貴重な時間に



素直に泣けば 可愛い女ですか

それとも 面倒くさいヤツ?



会話の途切れた二人を乗せて 

白い車は 12月の国道をゆるゆると走る



・・・



本当の別れのときまで あと1年と少しの夜のことです







2.雪が降ったら 思い出すのは あたたかな情景



彼と付き合い始めて 1年?2年?

前日からの大雪で 白い雪が降り積もっていた



原付では危ないからって 彼の車に乗せられて

残業で遅くなった夜道を 二人で帰った

クリスマスシーズンではなかったような 2月くらいだったかな

とある冬の日、平凡な一日。



私の住むアパートの近くには 田んぼがあって

どこが畦道なのか見えないほど 雪が積もっていた



車を止めて 二人で外へ出る

見慣れない雪にはしゃぐ私 雪を丸めて 彼に投げてみる



雪合戦の開始



降りたての雪は さらさらで

丸めては投げていた雪を 海辺で遊ぶかのように

手で掻き揚げて 彼を濡らす



飛び散る白 目を細くして笑う彼

自分に向かって飛んでくる白 

寒さなんて感じない いい大人二人は子どもそのもの



…馬鹿じゃね?



一息ついて 彼の車へ

あれ?襟巻きがないぞ?

ごそごそ挙動不審な私 二人で車を降りて宝探し



ないない どこへ行った?



帰ってきた道を引き返す

お弁当を買った店の近くで 襟巻き発見!



「ありがとう ごめんね」 あー よかった

「見つかって良かった」 笑う彼



雪の白 笑顔 また笑顔

雪が降ったら思い出すのは このあたたかな雪の夜のこと







「クリスマスに、雪が降ったら。」

思い出す 二つの景色



もう会えないし、もう会わない。

だけど降る雪は 思い出の中の貴方を消してはくれない

まだ少し熱の残った胸に 落ちては溶けていく



楽しいことも そうじゃないことも 全部ひっくるめて貴方との時間の記憶

降り積もる雪に隠される日は くるのだろうか



目を閉じて ゆっくりと開く

あたたかいコーヒーを こくりと飲む

…分からないや そんなこと

窓の外の空気は冷たい ひんやり 足元から忍び寄る

 

今年は 雪は降るのかな

ここに そして あの畦道に



―おわり―


スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最初のお話、読んでて切ない気持ちになりました(ノд・。)
慣れって怖いですよね…
気持ちが盛り上がらなくなってしまって相手の方には申し訳ないななんて思ったり…

そして2つ目のお話、
こちらは心温まるお話ですね^^

同じ「雪」でもいろんな「雪」があるんだなー
奥深いー(´∀`*)

今年のクリスマスも雪降りそうにないや・・・。
来年は降るといいなー(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

ふーむぅ。 大切なものはいつも失ってから気づくものです。
「平凡で退屈な 貴重な時間」 がすごくよくわかります!!

『紳士同盟アリス』の企画に参加していた準記念物と申します。
コメントありがとうございましたm(__)m
何度もオン会などでご一緒させて頂けてたのにご挨拶もなく、申し訳ありませんでした。
これを機に仲良くして頂けたらと思っております。


ドライブで定番のデートって大人だなぁ(*^^*)と思うのですが、慣れすぎるとその大事さって疎かになってしまうんですね。

素敵な思い出と悲しい思い出は沢山出てくるのに滅多に語られない当たり前のような確かな幸せの部分もあると思うと本当に切ない気持ちが込み上げてきます。

ども( ゚∀゚)ノィョ―ゥ

とりあえず、血液診断の結果が「780200」( ^ω^ )ニコニコ

さて、クリスマスか
僕は特にイベントとは捉えてないんよな(´・ω・`)
けど,まぁ、大事みたいよね。
>「来てなかったら オマエはまた拗ねるからなあ」
コレは男としてなんかわかる(・∀・`)
やっぱ、女性はイベントを気にするよね。

>私だって疲れてる 私だって頑張ってる
コレは付き合う上で考えたらアカンことよね( ^ω^ )ニコニコ

>直に泣けば 可愛い女ですか
>それとも 面倒くさいヤツ?
コレはその状況によるかも。
とりあえず、泣くのはめんどくさいが時と場合による。

>見慣れない雪にはしゃぐ私 雪を丸めて 彼に投げてみる
コレは雪の降らん地区の僕はついヤるかも(゚∀゚)アヒャ

>あれ?襟巻きがないぞ?
マフラーは気付いたら無いっての多いな( ^ω^ )ニコニコ

とりあえず、うちの地元はクリスマスに雪はほとんど降らないお( ^ω^)おっ( ^ω^)おっ( ^ω^)おっ
ホワイトクリスマスって何????( ^ω^ )ニコニコ

けど、なんか凄くステキな物語ですた(´∀`*)ウフフ

どんな小説よりも切ないのは、やっぱり忘れられない思い出ですよね

読んでくださってありがとうございます!

>さとさん♪

そうですね ひとつ目の話は恋の終わりが近づいていましたからね
ふたつ目は まあピチピチ恋愛中♪という感じでしょうか

長く付き合っていると 色々ありますよねぇ

さとさんの住んでるところは 雪が降りそうですか?
こちらでは あんまりホワイトクリスマスには遭遇しませんねー
来年 降るといいですね^^


>綴夜さん♪

失って気づいて でもまた忘れちゃうんですよねぇ
ああ 学習能力がない私><。

>平凡で退屈な 貴重な時間
思い出は現実の5割り増しくらいな感じでしょうか。。。


>準記念物さん♪

こんばんはー 先日はラジオでどうもでした^^

ドライブデート…確かに 学生時代にはありませんでしたね
浜田省吾の歌の歌詞に 「食事して ドライブして ベッドに入るだけ」
っていうのが出てくるのですが
そんな感じでしょうか
(あ たとえが古っ!)

リアルタイムでは 色々書き残す暇も惜しいんですけど
あとになると 少しでも書いておいたものは貴重なものになりますねw

読んでくださってありがとうございます!

>。。。さん♪

どもども^^
血液型相性診断 やってくれてありがとうございます!

>「来てなかったら オマエはまた拗ねるからなあ」
んー 図星だけになんとも(笑)
気にしてないつもりでも やはり意識してしまいますねー
多分 今でも

このお話ではわかりませんけど
実際の私は 普段から涙腺弱いので
きっとこのシチュエーションだと 面倒くさい女になっちゃだろうな(汗)

雪がねぇ 珍しかったんですよねー
今住んでるところでも 雪は降りますが 積もるほどにはなかなかねー

>けど、なんか凄くステキな物語ですた(´∀`*)ウフフ
最後 褒めてまとめてくれてありがとうございます(´∀`*)ウフフ
(顔文字コピペ)


>warahanaさん♪

事実は小説よりもなんとかですね
これは 本当にそう思います

まあ これは絶対半分以上は本当のお話ですからねw
お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。