お母さんはびじん

昔話をひとつ。



・・・



子どもの頃、父に「日記(手紙)」を書くように言われたことがありました。

私が小1で兄が小4くらいのとき。

当初は兄だけだったんですけど、私が小学校に上がってから

私も書くことになりました。

私が兄の真似をしたかったのか、父の一存だったのかは不明です。



その「日記(手紙)」の形式なのですが。



○月○日

その日の出来事、その他。

5・7・5で一句

お父さんへ



そう決まっていました。

「5・7・5で一句」っていうのが笑えますね。

小1から毎日一句詠んでた訳です。

(単なる語呂合わせですが)



これを兄は縦書きのノートに、私は百字帳に書いていました。

引越しや震災等で、これらのノートはもう多分一冊も残ってないのですが

もし残っていたら、是非、読み返してみたいものです。





2年間ほど続いたこの習慣なのですが

(兄は1年ほどで止めました)

兄と私がそれぞれ書くだけではなく、父が毎日返信を書くことになっていたのです。

ところが。



父の仕事が忙しくなったのか、他に事情があったのか

定かではないのですが

ある時から、父の代わりに母が返信をしてくれていたのです。



小1の頃は、まだ母は外で働いていなくて家で内職をしていたのですが

この「日記(手紙)」は一応、夜遅くなってあまり会えない父に

自分の一日を報告するものだと思っていたので



「お父さんへ」のところは、母から返信があっても「お父さんへ」のままだったのです。



そんなある日、母からの返信に、

「けいこちゃんはお母さんにはお手紙を書いてくれないのですね・・・」

(詳細適当)

そんな感じの、私には「衝撃的」な言葉が書かれていました。



そんなつもりじゃなかったのに…

決まり文句だったのに…

(決まり文句という言葉は さすがに知らなかったでしょう)



そして私は次の日、このようにあて名を書きました。

「かっこいいお父さんとびじんのお母さんへ」



何ですか?この気の使い方は。

「お母さんへ」だけでいいじゃないですか、普通。

お父さんからはもうひと月ほど、返信なかったし。

「かっこいい」とか「びじん」とか、その媚びた形容詞はなんだ!



お母さんに申し訳なかったという気持ちが、媚びた形容詞になり

「お父さん」とも書いておかないと、もう返事が貰えないと思ったのでしょう。



不憫だね。

(我ながら)



・・・



それからしばらく、

お父さんには、「かっこいい」「ハンサムな」「つよい」

お母さんには、「びじんの」「きれいな」「やさしい」

そのような形容詞を、とっかえひっかえ使ってました。



母は、「かわいいけいこちゃんへ」「かしこいけいこちゃんへ」が

定番だったと記憶しています。



・・・



このあて名については、書いていた当時の記憶ではなく

中学生くらいのときに、ノートを見つけて読みかえしたとき発見しました。

そして、思いました。



この…おとんっ!!!



―おわり―


スポンサーサイト

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

5・7・5で一句、いいです!!
短い中に簡潔で不足なく表現するのは難しいこと。なるほど今の恵以子さんはお父さまのご鞭撻があってのことなのね。
私も今からやってみようかな。メールでw

お母さまも自分宛に書いてほしかったのね…(涙)

子供らしからぬ気の遣いっぷりww
しかも家族に対して。

まぁ小学校低学年の頃って結構ナイーブですからねぇ。

ども( ゚∀゚)ノィョ―ゥ

日記かぁ・・・
昔、両親か誰かに書いた方が将来の為にイイ思い出になるよ?的な事を言われて書いたけど、
2日で終わってた( ^ω^ )ニコニコ
内容は「起きて学校行って帰ってクラブで終わって寝た」(´;ω;`)ブワッ

ってか、キッチリ毎日返信してくれる両親がステキ(´∀`*)ポッ
恵以子少女は気の遣える素晴しい人間やったんやね( ;∀;)イイハナシダナー
あ。ちなみに、どんなの描いてたんかな??(・∀・`)

あはは、わかります☆
どうして子供って変な気を使うというか、察してしまうんでしょうね。
ただ「お母さんへ」でいいのに付け加えてみたり。
伺いを立てると言っては大袈裟かも知れませんが、
機嫌を損なわないようにとするんですよね…。
なんだかほほえましいエピソードですね♪

>>けいこちゃんはお母さんにはお手紙を書いてくれないのですね

何という衝撃的コメント!
私だったら思わず、
『切ないよ ごめんなさいね お母さん』と
5・7・5で平謝りしてしまいそうです。

>piririさん♪

何気に語呂よくしようとする癖がついたのは
この習慣のせいかもしれませんねー

>メールで5・7・5
あ これって楽しそう♪
彼氏と喧嘩しても 「ムカつくワ 今度会ったら メシおごれ」とかメールしたら
喧嘩モードが解消されそうですw

母もねー 口で言ってくれればよかったのにねー(笑)


>okinaさん♪

子どもの頃って 友達より家族の方が一緒にいる時間が長いので
結構 空気読んでたと思います
てか 空気読みすぎてたかもしれません~★

これが高学年だったら 「何言うとん!」で終わったかもしれませんねw


>。。。さん♪

どもどもです^^

「日記は将来の役に立つ」って よく言われますよね
5・7・5の役にはたったかもしれませんw

今考えたら うちの母親もコメント返しマメだったんですねー

内容は…本文は忘れましたが 5・7・5で覚えてるのは

「ジューシーちゃん ひなをちゃんと そだててね」
って書いたら
(ジューシー=当時飼ってた十姉妹)
「けいこちゃん 小鳥の水を ちゃんとかえてね」
(こっちは詳細適当)
って返信されました(アチャー

>綴夜さん♪

ほんと 気を回してしまうんですよね(汗)
「お母さんへ」→「お父さんとお母さんへ」→「かっこいいお父さんと~」
と 頭の中で変換されたのでしょうw

子どもの頃って 両親に嫌われるって凄くこわかったですよねー


>warahanaさん♪

衝撃的でしょ?!!

>『切ないよ ごめんなさいね お母さん』
その返事うますぎるワっ!w
warahanaちゃんくらいの フレーズの達人だったらよかったのに^^
お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード