Happy Halloween!

今日は 紳士同盟アリス ←で 企画された 

「Halloween Party」 ←に 参加させて頂きます♪



・・・



【halloween 5のお題】 


1、Jack 0' Lantern   (ジャックオランタン)

2、trick or treat

3、満月の晩の訪問者

4、小悪魔とドラキュラ

5、真夜中のパーティー



このお題に合わせて、何か書いてくれる人募集中。

条件:文字数不問。ジャンル不問。どのお題でもOK。複数可。イラスト可。

公開日:10月31日


・・・


ということです

私が選んだのは 「2、trick or treat 」

ショートストーリーを書いてみました

参加の面々を見れば ちょっと腰が引ける感じですが

まあ 参加することに意義を見出すタイプなので。



それでは 後半から どうぞ!!





【Happy Halloween!飴職人の儀式(セレモニー)】



「Trick or Treat!」

今日も子どもたちが 声を弾ませてやって来る



昔からの村のお祭り 毎年この日には

かぼちゃをくり貫き 人の顔に見立てたオブジェを

村のいたる所に飾るのだ

もちろん この店の軒先にも



シャッターを上げると もう

様々なものを身に着けた子どもたちが 列を成している



この店は 今年も飴細工を配ります

変装した子どもたちに それぞれの飴を

金色の柔らかな飴を トリやウサギに イヌやネコ・・・



つまみます のばします

ひねります ちぎります



・・・



僕の手は まだ小さくて

職人としては半人前だけど

柔らかく熱い飴は もう僕の手を赤くはしない

今年も頑張ろう

子どもたちのために

そして 僕自身のために



・・・



短い角を頭につけて ふわふわの白い服を着た少女には

無言で 金色のヒツジを作ります 

少女の目が輝くのを見てから 白に塗り替え 捧げます




黒いマントに 黒いサングラスをした彼は

昨年と同じ コウモリだろう

金色の飴から 翼と頭をひねり出し 黒い液体につける 



棒を手に取り 走り出す彼を

赤いチューリップの彼女が追いかける



動物だって 植物だって

アニメのキャラクターも 随分覚えた



今年も 大勢の村の子たちがやって来る

しかし 僕が本当に待っている者は まだ来ない



・・・



貧しくて 飾るものがなく

道の向こう側から こちらを眺めている少年

僕は手招きをして 彼を呼ぶ



「何になりたい?」

「・・・ライオン。」



小さな声で答える少年に 僕は茶色の毛糸を束にして

彼の頭にふわっとのせる

イヌにしか見えないけれど

僕は 金のたてがみを持つライオンを作る



「ありがとう!」

少年が笑う

落とさないように 棒を握り締めているその小さな手



少年は去る

しかし あの娘はまだ来ない

そして 僕が本当に待つ者も



・・・



あの娘がやって来た

小さな弟を連れて



「Trick or Treat!」

娘が言う 弟も真似る

「Happy Halloween!」

僕はそう返す



娘は 背中に鮮やかな羽をつけている

僕は 金色の蝶を作る

「あ!そのまま…」

色をつけようとしたら 手を伸ばしてくる

飴色そのままの黄金の蝶は きっと誰よりも美しい



横に立つ弟が 姉の手を引く

そして 僕の白い帽子を指差した

「あれがいい!」

僕はその声を 聞き逃さなかった



「Trick or Trade?!」

思わず叫ぶ 高く震える声

心の中で 何度も繰り返したこの言葉を



「ダメよ!よしなさい!」

娘は 弟の小さな手を握り締める

僕を睨む彼女

だけど僕は 金色の飴をもてあそびながら 彼女を見つめ返す



~ダメだよ 止めちゃダメだよ

あのときの僕だって そうだったんだ

君も知ってるだろう?~



彼女の小さな弟は 目をパチクリしながら 

姉の手を振り払い もう一度指を差す

「ボク あれがいい!」

僕の帽子 僕のこの、白い帽子!



僕は 可愛いボクに 金色の帽子を手渡し

被っていた白い帽子を 彼の頭にのせる

大きすぎる帽子を被り はしゃぐ小さなボク



その姿に目をやり ため息をつき 

娘は 観念しましたとばかりに肩を落とし 寂しそうに笑った 

僕は 猫のうしろ姿の飴を作る 一番の得意作

しっぽのリボンは 金色の蝶



さあ 皆で楽しい夜を!

白いエプロンを脱ぎ捨て 最後の飴を手にして

僕は 子どもたちの輪の中に入っていった



・・・



「Trick or Treat!」

今日も子どもたちが 声を弾ませてやって来る



昔からの村のお祭り 毎年この日には

かぼちゃをくり貫き 人の顔に見立てたオブジェを

村のいたる所に飾るのだ

もちろん この店の軒先にも



この店は 今年も飴細工を配ります

変装した子どもたちに それぞれの飴を

金色の柔らかな飴を トリやウサギに イヌやネコ・・・



つまみます のばします

ひねります ちぎります



掌が 真っ赤に染まる

まだまだ 新米のボクだけど。



―Fin―



スポンサーサイト

テーマ:お題 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

だからさー、ここまでレベル高いとコメントで何を書けと(笑)

詩的な文章書かせると恵以子さんはピカイチですねぇ。どうやったらこんなん思いつくんやろーか。

こんばんは。
コメントありがとうございます!
私もあちこちでお名前お見かけしてました(´∀`*)
以前からすごい気になる存在だったので
お近づきになれて嬉しいです♪

飴細工の職人さんと女の子とその弟の男の子とは
何かありそうな感じですね(-ω☆)キラリ
兄弟なのかなーとかいろいろ想像してしまいました(´∀`*)
立派な飴細工職人さんになってほしいなぁ♪

素敵なお話をありがとうございます(´∀`*)

歌詞みたいに、リズム感がイイお話ですね。
>>つまみます のばします ひねります ちぎります
ココが特にテンポ良くって好きですv-238

「ボク」の今後の成長が、楽しみです☆

コメントありがとうございました!
初めまして!

すごい詩的な文章に酔いしれました
ラストの若干ブラックな感じが、ツボでした
最初と最後の文章の対比でぞくぞくします
絵本にしたら面白そうですね

リズムがとても良いですね♪
声に出して読みたい感じ。
飴細工は見てるだけで楽しいのに、自分だけの特別を作ってもらえるのはステキだなぁ。

「ボク」が立派な飴細工職人になれることを祈ります。
(もう充分立派だけど)

ども( ゚∀゚)ノィョ―ゥ

スゲェ(;・∀・)
どっからこんなストーリーが浮かんでくるねん?(;・∀・)

>「Trick or Treat!」
このテーマ一つでココまで広げれるんが凄いよ。

個々のキャラに合わせた飴細工をあげると言う設定が何かすごく好き(´∀`*)ウフフ
僕のこれから先の話が気になるよ。

なんだか可愛らしくて素敵な世界ですね( ´艸`)♪
まるちんも言ってるけど、子供に合わせて飴を作ってあげてるってのがとても素敵だなぁと思いました(´∀`*)♪
あたしもコウモリの飴が欲しかったなぁ(´∀`*)

本当、このボクのこの先が気になります( ´艸`)♪
子供に喜ばれる飴職人で居て欲しい(´∀`*)♪

こんにちは。

なんだかメビウスの輪みたいですねぇ。
コミカルな感じと、雲みたいにつかみどころがない感じが合わさってユニークだなぁと思いました^^

優しい飴細工職人さん、素敵ですw

韻を踏んでいる文章は、
読みやすくて、アップテンポで、
可愛らしさと暖かさが滲み出てますね。

実にハロウィンらしく、素敵な小さな物語でした。

絵本とかにできそうだわ。ほんと。

>okinaさん♪

>・・・コメントで何を書けと(笑)
そんな風に書いて貰えると 非常に嬉しいですw

てか mocaさんの作品にコメントする方が
よっぽど難しいですよー(笑)

>さとさん♪

こんばんはです^^

>以前からすごい気になる存在だったので・・・
マジですか? 私もすんごく気になってたのですが
あまりにもヨソさまのブログで「さとちゃん」「さとぉぉぉ」とかお見掛けするので
行った気になってましたw

飴細工職人さんとお姉さんには
過去 何某かあったという設定です
(怪しいこととかではないよー)
いろいろ想像して貰う余地が残っててよかったです^^

弟くんは…飴職人の修行に耐えられるかな?

こちらこそありがとうございました!


>warahanaさん♪

えぇ どうやら リズム感だけは評価されたようですw

>>つまみます のばします ひねります ちぎります
ここは 私も気に入ってます
うまいこと言えたー!!と思いました(笑)

「ボク」はどうなるんでしょう?
私にもわかりませんが 頑張って欲しいですね!

>toneさん♪

はじめまして^^
作品 楽しませて頂きました
遊び心のある オシャレな文章がとても気に入ってしまいました

>ラストの若干ブラックな感じが、ツボでした
ありがとうございます! 実はそこがかなり重要だったのですが
テンポに紛れてしまった感がありますねー
(シュ~ン

絵本…誰か絵を描いてください<(_ _)>

また お伺いしますね!


>彩世さん♪

主催 お疲れ様でした ありがとうございます!

なるほど 音読向きかもしれませんね
今度 読んでみましょうかw
(嘘です 読みません)

飴細工って なんか憧れで
自分が職人になろうとは思いませんが 作って欲しいですよね
オリジナルの。

「ボク」はまだまだひよっこですよー
成長を見守りましょうw


>。。。さん♪

どもどもども^^

実は ハロウィンの雰囲気自体を全然知らなくて
wikiでやっつけで勉強しました(汗)

ハロウィン→お菓子→飴→折角だから飴細工
こんな感じの連想でしょうか?
そこからは 最初とオチは決まってましたねー

まるさんの作品 パイの実とかで茶化してるけど
文章構成とか すごくしっかりしてますよね
書き慣れてるなぁと思いましたよ、うん。

僕のこれからは 気になります
飴職人を辞めてしまうのか否か?!

>郁貴さん♪

可愛らしさが先行しましたねー
ほんとは もうちょっと苦みばしった感じの話のつもりだったのですが(汗)

オリジナルの飴 欲しいですよねー
これはもう 大人でも共通の願望のようですね
ハロウィンだから コウモリも作ってみました
郁ちゃんのイラストの子に 持って欲しかったです^^

ボクは飴職人の修行に打ち勝てるかな?
頑張れ!


>yumiさん♪

こんばんは^^

メビウスの輪…はい そんな感じをイメージして書きました
そう言ってくださると嬉しいです ホッとしました

リズム感だけが命みたいな部分もありますし
自分が思ったより ブラックではなくなったようです
ふわふわって感じが出てたら それは嬉しいんですけどねw

青年司書さんも 素敵でしたよー
あんな人が働いている図書館に通ってみたいです!


>綾瀬さん♪

主催 お疲れ様でした!
枯れ木も山の賑わいになれたでしょうか?
(ナゾナゾ

書いてて気持ちいいように書くと
自然とリズムがつくんですねぇ
「つまみます のばします・・・」のくだり以外は
そんなに意識した訳じゃないのですが

大人っぽいハロウィンの作品の中
大人気ない必死な感じで 全力で書いてしまいました
皆さんのを読んで ちょっと恥ずかしくなりました(汗)

ハロウィンらしいと言って貰えて 安心しました
ありがとうございました!
お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード