タマひよ物語・5

タマとひよがおりました。

タマはオス猫、ひよはメスの小鳥。二人は結婚しています。

今日は香りのお話です。



・・・



タマとひよは困っていました。

何故なら、二人で一緒に買ったハンドクリームがひよの肌には合いませんでした。

足につけていたのですが、荒れてしまったのです。



「ごめんな。俺が勧めたばっかりに」

「そんなことないよ。だって私も欲しかったんだもの」



そうなんです。二人ともよい香りが大好き。

エッセンシャルオイルでは刺激が強すぎるので、ハンドクリームにしたのです。

幸福でセクシーな、ジャスミンの香りです。



・・・



足の荒れはすぐに治りましたが、ハンドクリームはタマしか使えません。

タマは申し訳なくて使う気になれませんでした。

そこでひよは言いました。

「スーパーへコロンを買いに行きましょう!」



スーパーにはジャスミンの香りは売っていませんでしたが

フルーツやバニラやシャンプーの香りのコロンが売っていました。



二人はあれこれ比べてみて、結局シャンプーの香りにしました。

ひよは羽にひと吹き、タマは全身にふわっとコロンをまといます。



「これだったら二人とも大丈夫だね」

二人はシャンプーの香りに心躍りました。



そこへやってきたちゅんは言いました。

「私だったらコロンより香水がいいな。それよりそのハンドクリーム、使わないなら売ってくれない?」

そうなんです。カラスのちゅんの足はちょっとガサついています。

二人は喜んでプレゼントしました。



・・・



「ところでさー、ちゅん。この前言ってた俺の友達を紹介したいんだけど、いつがいい?」

ちゅんはビックリしてしまいました。そんな話はとっくに忘れていたからです。

「黒猫でね、サブっていうヤツなんだけど、よかったら今度食事でもって」



なんと!ちゅんはすっかり舞い上がってしまいました。

さて、素敵な香水探しに奔走しなければなりません。



「いつでもいいわよ」

ちゅんは余裕しゃくしゃくな感じで答えましたが、あまりに落ち着きがなかったので

二人は堪えきれずに笑ってしまいました。



「失礼なっ!」

ちゅんは怒って帰りましたが、本当は嬉しくて仕方ないことが分かっているので

ふたりとも幸福な気持ちになりましたとさ。



おしまい。



【備考】

タマ:猫、ひよの旦那

ひよ:小鳥、タマの妻

ちゅん:カラス、ひよの友達


スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード