青色のコート~かげふみ外伝~

「お前、髪切ったな」

「分かる?」

「分かるに決まってるやろ」



「意外によく分かってるね」

と言いたいところだが。

髪を切ったのは一昨日。昨日一緒に買い物に行ったのに・・。



まあ、そんなものだろう。男の人なんて。

それよりも。



「本当はね。あなたに内緒で買ったものがあるの。

まあ見て」



私はコートを着てみる。

水色である。影文はどうしても青がいいと言い張ったのだが。

影文は知っている。昨日、私がどうしても欲しかったコートだ。



既にタンスの肥やしとなっている青色のコートがある。

確かにもう時代遅れ。影文が買い換えろというのは分かる。分かるけど。



影文には内緒だが、このコートには思い入れがあるのだ。

母に買って貰った。

結婚に消極的な母のことを、影文は実はよく思っていない。

当然だ。

だから私も黙っている。





一緒に見た。二人で見た。

水色のコートと青いコートで悩む。

私が水色がいいと言うと、影文は青でいいと言い張る。



ただ、影文はやはり拘っている。

私、そんなに昔の青色のコートに執着していない。思い入れがあるだけだ。

それなのに。

影文は意地でも、水色ではなく青いコートを買わせたいらしい。

まあ、分からないでもないけれど。



「お前は俺のいいなずけ。それくらい知ってても当たり前。

お前、青色がええんやろ」



うーん、見当違いなのだが。

そして私は。

「またいいなずけ?婚約もしてないのに」

と言い返す。



・・・



「お前、あの指輪どないしてん?」

「あれはね・・大切にとってあるの」

「お前、またか。いい加減に使え。

俺が買ってやった指輪、また口紅みたいにするんかい」



私は思い出す。そう言われればそう。3日も出てこなかった。

店のエプロンから出てきた淡いピンク色の口紅。影文が誕生日に買ってくれたもの。



「ごめん。ちゃんとする。きっとする。もう今すぐするね」



私は中指にオパールの指輪をはめる。安物。はっきり言って。

でも嬉しい。だけど・・



「安物で悪かったな」



ああ、またひとり言。本当にこの癖、なんとかならないかな。

オパールの指輪は秋に買ってもらった。

私は指輪をそっと外す。だって勿体ない。

「お前、その癖は本当にやめろ」



影文が私の手をとって、中指にそっとはめる。左手の中指。

オパールの指輪。そしてオパールに似たムーンストーンのネックレス。二つ揃った。



・・・



「影文、私に隠してることあるでしょ?」

「別に隠すことなんか全くない」

「へぇ、そうなんだ」



私は知っている。影文が私のいきつけの美容室の女の子を気に入っていること。

そして昨日、私が買ったシャンプー。影文が内緒で使ったことを。



その子のお勧めで買ったもの。だけど影文はやっぱり男。

いくらなんでも、小林さんのお勧めだと言ってもさすがにヤバイ。




「影文。あなた仮にも男でしょ?しっかりしなさい」




小林さん。かわいい。色っぽい。でもどこかギャルっぽい。

本人には内緒だけど。でもすごくいい子。



「お前、妬くな」

「別に妬いてない。だけど、小林さんのお勧めだからと言って、勝手に使うのはやめて。

というか、さすがに女物のシャンプーを使うのはやめなさい」



「ごめんごめん。それは謝る。だからその指輪、毎日つけろ」



私だって毎日つけたい。でも小料理屋の仕事がある。

なくしたら嫌だ。絶対に嫌だ。



「だ、か、ら。嫌じゃない!つけろ。毎日つけろ。

俺と指輪のどっちが大事かよく考えろ」



嫌だ。でも素直になれない。

小林さんのシャンプーとは訳が違う。



「違わない。お前、もう分かった。勝手にしろ、と言いたいが使え。

絶対に使え」



使おう。やっぱり大切にし過ぎて失うのはもう嫌だ。

影文もシャンプーも、そして指輪も。



・・・



そして私はコートをはおる。似合ってるかな。どうかな。判定は・・



「似合ってる。似合っているよ。前のコートよりずっといい。

あれ、やっぱり時代遅れ。勿体ないけど、タンスの肥やしにしておけ」

「分かった。肥やしにする。大切に育てる」

「何を育てるねん」



さて、何を育てよう。

青いコート、さようなら。水色のコート、こんにちは。

青いコートは懐かしい思い出。大切なタンスの肥やし。



私に必要なのは、今はお店と影文だけ。店の名は「かげふみ」。



「俺の名前は影文。小料理屋かげふみとそのいいなずけの影文だ。

あーあ、お前には参った。もう降参」



もう降参。本当にもう降参。

私のひとり言は一生直らない。そしてかげふみと影文に夢中だ。



今のところ、ね。



おわり





【一言】


新カテゴリー「かげふみ」、絶賛更新中!

絶賛かどうかは微妙ですが 本人は気に入っています

これからもよろしくねv

サイドバーから飛べます


スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード