スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と散歩

月は下弦の三日月。

私はタクシーの後部座席に乗り、新しく住む街に向かう。

運転手は気心が知れている。伯父。

料金は出してあげると言われたのでメーターが回っても平気。



窓の外を眺める。

月がどこまでも追いかけてきて、離したと思ったらついてくる。

子どもの頃と同じ。月と散歩です。



おわり


スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

キツネの魔術

【真珠をつけたキツネ】


会社の人のお通夜に参列した。20年近く前。

私その他は勤務に引き続き私服で参列。

彼女は休日だったので上から下までバッチリ喪服できめてきた。



真珠のイヤリングとネックレス。何故か悪目立ちが過ぎた。

供養の気持ちが感じられず居た堪れなかった。これは彼女か月夜のせいか。



彼女を階段の下から見上げていたのだが、スポットライトで彼女だけ照らし出されたかのよう。

照らし出された真珠は白すぎて、却ってイミテーションに見えた。

私はそれから通夜、葬儀に真珠をつけて参列しなくなった。



常識ではネックレスもイヤリングも、可な筈。

20年かけ続けられたキツネの魔術から、次は抜け出そう。


おわり。


テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

注文の少ない料理店

今日は雨。お気に入りの傘で来てしまった。店の外にある傘たてでは盗まれる心配があり。


たたんで水を切ろうとするとスカートに張り付いた。不快である。

傘を持って入ると店主は嫌な顔。出ようかと思うともう水を用意している。

適当に席につく。生ぬるい水。メニューは飲み物とパン3種。少ない。

エアコンの設定温度は何度なのか。膝の辺りがもぞもぞ生ぬるい。



コーヒーショップなのにアロマディフューザーが置いてある。ラベンダーと何やらの香り。理解不能。

一見美しい内装だが、カーテンが汚い。白いレースのカーテンが薄汚れている。もうダメだ。



注文の少ない料理店は不快。メニューは少ない。甘いものはない。衛生的でない。女性には不向き。

店の名は「Honey」。コーヒーを飲んで店を出た。人生そんなに甘くない。


end.

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

デリート

一瞬の間に記憶がなくなることが増えた。

私の記憶をデリートするのは男。4人。

名前は上川、阿部、小畑、宗森。



この4人が揃うまで、こんなに記憶を消されることはなかった。

最初は上川と阿部がいた。

上川は一期生、阿部は三期。



一期生は私が生まれる前から、私の誕生日を操作していた。

私は本来、夏生まれではない。

それなのに現在の誕生日にしたてたのは、私の誕生日が四柱推命のちょっと特殊な日だからである。

午前と午後で運命が違うのだ。

何故夏生まれでないかと言うと、私の命が芽生えたのが、兄が生まれた月になってしまうからである。

私と兄は年子である。

つまり、秋の予定であった。少なくとも立秋を越えてから。だから私は早産である。

親はこの矛盾に気づいていない。私は体重3200gで生まれたと聞いている。無理がある。

兄は母と引き離されるとき、火がついたように泣いた。


続きを読む»

テーマ:SF - ジャンル:小説・文学

イチゴ歯磨きの初恋

いじめられっこでして。


・・・


小学1年生のとき、団地の子ども達と話をしていました。

「歯磨き粉って食べる?」

「は?」

「イチゴ味だったら?」

「あー、食べる食べる」

なんて会話です。



「アンタは?」

「食べる」

私は答えた。



「やーい!食べるわけないやん。お前だけやで、そんなん食べるの」

「歯磨き粉食うの?おかしいんちがう?」

「変なのー」



7人くらいいたでしょうか。完全アウェー。

泣かないですが、普通なら泣いて家に帰るレベル。

変人、貧乏、気色悪い、お前おかしい、その他。

さすがに堪えます。私だって生きてますから。



「食べるで。イチゴ味やろ。おいしいやん」

突然現れた正義の味方。その名は知らない。6年生くらいの男子です。



「なあ、おいしいやんなあ」

「うん」



これで試合終了。イチゴ歯磨きのお兄ちゃん。正義の味方の圧勝です。

皆は散り散りに去っていきました。

お兄ちゃんはいつのまにかいなくなっていて、それきりお礼も言えず始末です。



あなたにお礼を言いたいけれど。

正義の味方と笑われても、あなたのように強くやさしく生きたいです。



おわり。


続きを読む»

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

タマひよ物語・5

タマとひよがおりました。

タマはオス猫、ひよはメスの小鳥。二人は結婚しています。

今日は香りのお話です。



・・・



タマとひよは困っていました。

何故なら、二人で一緒に買ったハンドクリームがひよの肌には合いませんでした。

足につけていたのですが、荒れてしまったのです。



「ごめんな。俺が勧めたばっかりに」

「そんなことないよ。だって私も欲しかったんだもの」



そうなんです。二人ともよい香りが大好き。

エッセンシャルオイルでは刺激が強すぎるので、ハンドクリームにしたのです。

幸福でセクシーな、ジャスミンの香りです。



・・・



足の荒れはすぐに治りましたが、ハンドクリームはタマしか使えません。

タマは申し訳なくて使う気になれませんでした。

そこでひよは言いました。

「スーパーへコロンを買いに行きましょう!」



スーパーにはジャスミンの香りは売っていませんでしたが

フルーツやバニラやシャンプーの香りのコロンが売っていました。



二人はあれこれ比べてみて、結局シャンプーの香りにしました。

ひよは羽にひと吹き、タマは全身にふわっとコロンをまといます。



「これだったら二人とも大丈夫だね」

二人はシャンプーの香りに心躍りました。



そこへやってきたちゅんは言いました。

「私だったらコロンより香水がいいな。それよりそのハンドクリーム、使わないなら売ってくれない?」

そうなんです。カラスのちゅんの足はちょっとガサついています。

二人は喜んでプレゼントしました。



・・・



「ところでさー、ちゅん。この前言ってた俺の友達を紹介したいんだけど、いつがいい?」

ちゅんはビックリしてしまいました。そんな話はとっくに忘れていたからです。

「黒猫でね、サブっていうヤツなんだけど、よかったら今度食事でもって」



なんと!ちゅんはすっかり舞い上がってしまいました。

さて、素敵な香水探しに奔走しなければなりません。



「いつでもいいわよ」

ちゅんは余裕しゃくしゃくな感じで答えましたが、あまりに落ち着きがなかったので

二人は堪えきれずに笑ってしまいました。



「失礼なっ!」

ちゅんは怒って帰りましたが、本当は嬉しくて仕方ないことが分かっているので

ふたりとも幸福な気持ちになりましたとさ。



おしまい。



【備考】

タマ:猫、ひよの旦那

ひよ:小鳥、タマの妻

ちゅん:カラス、ひよの友達


テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

タマひよ物語・4

タマとひよがおりました。

タマはオス猫、ひよはメスの小鳥。二人は結婚しています。

今日は料理のお話です。



・・・



タマとひよは今日の晩ご飯の相談をしていました。

タマはおでんが食べたいと言い、ひよは水炊きが食べたいと思いました。

だっておでんだと折角のお野菜がクタクタになってしまうからです。

小鳥なら、誰だってシャキッとしたお野菜が食べたいものです。



「水炊きがいいの?だったら俺、ぞうすいも食べたいな」

とタマが言ってくれたので、ひよはホッとしました。

ぞうすいなら、タマが心ゆくまで食べてくれればいいと思ったからです。

そして自分はスープだけ飲めばよいのです。



二人での食事は、案外大変なのです。

特に同じメニューで食べようと思ったら。



・・・



二人で買い物に行きました。

鳥鍋はなんとなく嫌ですから、豚鍋にしました。

そしてタマがキムチを入れてみたいと言いました。

ひよは「少しだけなら」という条件つきでOKしました。

そしてキノコや白菜、にんじんなどを買って、そしてビールも買ってお会計です。

「デザートにチョコレートが食べたい」というタマのために、チョコも買いました。

ちょっと予算オーバーなのです。



・・・



鍋はタマが作ってくれました。

キムチはひよが思っていたより沢山入っていましたが、これが意外においしいのです。

そしてタマも豚肉と野菜とごはんを堪能しました。

ひよは野菜とスープを堪能しました。

「ひよ、ごはんも食べなよ」

とタマが言いましたが、ひよはもうお腹一杯です。

そして最後はチョコレートとビール♪と思ったのですが、そこへちゅんがやってきました。

ちゅんはビールを持ってきてくれていました。そして自分用に焼酎も。

ぞうすいの残りをつつきながら、3人で宴会となりました。

そしてちゅんは思いました。



絶対うまくいかないと思ったけれども、この夫婦、意外になかよくやってるな。

私も素敵な彼氏が欲しいので、紹介して欲しいな・・



「よかったら俺の友達、紹介するよ」

ちゅんは柄にもなく、頬を染めてしまいましたとさ。



おしまい。




【備考】

タマ:猫、ひよの旦那

ひよ:小鳥、タマの妻

ちゅん:カラス、ひよの友達


テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

お知らせとか。
久しぶりにココに手を入れます。ブログブーム到来です。そして、 ショートストーリーブーム、始まりました。 いつまで続くか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。  
近況コメント (2015/3/17 up)
Finetoday
プロフィール

恵以子

Author:恵以子
「けいこ」と読みます。

*結構 イイ歳。
*色々 しんどい。

そんな日々。

【きずグスリ】 ←サブブログです

【本棚】 ←最近読んだ本です

【FC2小説】 ←長めの自作小説です

【音風呂】 ←参加してます

バナー(仮)
*バナー(仮)です♪



ランキング


カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
看板詩
山田ヒロ子
楽園
走る
願い
流れるように
たとえば。
脇は見ず
予感
壊れモノ
四葉のきもち
混乱
溺れる
源泉
スズメノナミダ
雲の欠片
花の唄
微笑み
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ART-Meter
素直になれなくて。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:きみとゆく空

■ ブログ名:ぷりりな日々

■ ブログ名:思いのままに
頂きモノ。



puririさま から♪


郁ちゃん から♪


紳士同盟アリス より♪

【ウィキ風呂】
*ウィキ風呂♪
いろんなモノ。
あわせて読みたい

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。